サポートへ戻る

説明

以下の設定はWindows Live Mail 2011での設定方法です。

※Windows Live Mail 2011ではヘッダ情報を参照したスパムメール対策は行えませんのでご了承下さい。

Windows Live Mail 2011での設定方法

手順1 [Live Mailを起動 ([自動仕訳ウィザード]を選択して開きます)]

Windows Live Mail 2011を起動します。
メニューから[フォルダー]をクリックし、さらに[メッセージルール]を選択して開きます。

次へ

手順2 [新規のメールルールの作成]

[新規のメールルール]のダイアログボックスが開きます。

  1. [件名に指定した文字列が含まれる場合][指定のフォルダーに移動する]チェックボックスをオンにします。
  2. チェックボックスがオンになった状態で[指定した文字列が含まれる]の項目をクリックします。

次へ

手順3 [フィルタを行う文字列の設定]

フィルタを行う文字列の設定を行います。

  1. 下図のように[SPAM]と[]を含めて入力を行い、追加ボタンをクリックします。

次へ

手順4 [フィルタを行う文字列の確認]

フィルタを行う文字列の確認を行います。

  1. 下図の単語項目に[SPAM]が登録されていることを確認しOKをクリックします。

次へ

手順5 [迷惑メールの保存先の設定]

迷惑メールの保存先の設定を行います。

  1. 下図の指定のフォルダー項目をクリックします。

次へ

手順6 [迷惑メールの保存先の設定](2)

移動先の設定画面が表示されますので、[迷惑メール]を選択し、OKをクリックします。

次へ

手順7 [設定内容の確認]

[新規のメールルール]の画面に戻ります。内容に誤りがなければ[ルールの保存]ボタンをクリックします。

次へ

手順8 [ルール画面での最終確認]

[ルール]画面が表示されますので、再度設定の確認を行い、問題が無ければ[OK]をクリックします。

※SPAMフォルダ内のメールにはまれに正規のメールも含まれている場合がございますので、削除される前に一度確認されることをおすすめします。

Copyright (C) 2008 Chuo University. Center for Information Technology and Computing Services. All Rights Reserved.