サポートへ戻る

説明

以下の設定はThunderbirdのバージョン [10.0.2]での設定方法です。

※上に記されていないバージョンのThunderbirdをご使用の方は以下の説明と異なる場合があるかもしれません。あらかじめご了承下さい。

Thunderbirdでの設定方法

手順1 [メールフォルダの新規作成]

迷惑メールを振り分けるためのフォルダを作成します。
メニューから[ファイル]をクリックし、直下の[新規作成]を選択し、展開された項目から[フォルダ]をクリックします。

次へ

手順2 [メールフォルダの新規作成]

[新しいフォルダ]のポップアップが開きます。

  1. 名前(N): の所へ[任意のフォルダ名]を入力します。
    ※今回はわかりやすいように[SPAM]と入力しました。
  2. 入力したら、次に[フォルダを作成]ボタンをクリックします。

次へ

手順3 [メッセージフィルタの作成 (受信メール用に独自のルールを作成します)]

次に迷惑メールを振り分けるためのメッセージフィルタの設定を行います。
メニュから[ツール]を選択し、[メッセージフィルタ]をクリックします。

次へ

手順4 [メッセージフィルタの作成]

[メッセージフィルタ]のダイアログボックスが表示されます。
[新規]をクリックします。

次へ

手順5 [メッセージフィルタの作成 (指定した条件で特定する文字を入力します)]

[フィルタの設定]ダイアログボックスが表示されます。

  1. [フィルタ名]の部分に任意のフィルタ名を入力します。
    ※今回はわかりやすいように[SPAM]と入力しました。
  2. [件名]と表示されている項目横の[∨]をクリックし展開された項目から[カスタムヘッダ]選択します。

次へ

手順6 [メッセージフィルタの作成 (カスタムヘッダの登録)]

[カスタムヘッダ]のダイアログボックスが表示されます。

  1. [追加するカスタムヘッダ(N):]の項目にX-Spam-Flagと入力し[追加]をクリックします。
  2. X-Spam-Flagが項目に追加されたことを確認し、OKをクリックします。

手順7 [メッセージフィルタの作成 (振り分け条件の設定)]

[フィルタの設定]のダイアログボックスの表示に戻ります。

  1. 手順5で選択した[∨]ボタンを再度クリックし、先ほど追加したX-Spam-Flagを選択します。
  2. 下図の右側の赤枠の位置へYESと入力します。

次へ

手順8 [移動先フォルダの設定]

次に迷惑メールの移動先の設定を行います。

[以下の動作を実行する(P):]の項目の左側から[メッセージを移動する]を選択し、右側へ手順2で設定を行ったフォルダを選択しOKをクリックします。

次へ

手順9 [新しいフォルダの作成 (新しいフォルダの名前を決めます)]

[メッセージフィルタ]のダイアログボックスに戻ります。
画面右上の×ボタンをクリックし、設定を完了します。

※SPAMフォルダ内のメールにはまれに正規のメールも含まれている場合がございますので、削除される前に一度確認されることをおすすめします。

Copyright (C) 2008 Chuo University. Center for Information Technology and Computing Services. All Rights Reserved.