TOPへ戻る
メールについて
2013年 10月 07日 改訂

近年、セキュリティソフトやシステム修復ツールを装って偽の警告画面を表示し、それらを解決するため有償版製品の購入を迫る偽セキュリティソフトによる被害が増えています。

「あなたのパソコンはウイルスに感染しています。直ちにセキュリティソフトを購入してください」
「大量のウイルスに感染しました。復旧させるには今すぐこのソフトを購入してください」

上記のような警告画面が出た場合でも、個人情報やクレジット情報の入力・送信、ソフトの購入は行わないようにしてください。

これらのソフトは、実際に購入してもセキュリティソフトとして機能する保証はありません。
入力した個人情報を悪用されたり、クレジットカードの不正利用が発生する場合もあります。 安易に購入せず、すぐにアンインストールしてください。
不審な点がある場合は、多摩ITセンターまでご連絡ください。

偽セキュリィティソフトのパターン

無料のウイルスチェックソフトを装う
ウェブサイト上で「あなたのPCを無料で診断します。このリンクをクリック!」「PCの調子が悪い方はここをクリック。無料診断!」 「原因不明のエラーを○分で修復します」等の表現でクリックさせようとします。

大量のエラーや、ウイルス感染しているという画面を表示する
偽セキュリティソフトをインストールしてしまうと、「あなたのパソコンは大量のウイルスに感染されています」等の警告画面を表示し、 購入画面に誘導します。
これらのソフトの特徴として、購入するまで個人情報の入力を促す表示は止まりません。
また、インターネットに接続できなくなったり、アイコンが消えるなどの不具合も確認されています。

代表的な偽セキュリティ対策ソフト

IPA(情報処理推進機構)が取り上げている偽セキュリティーソフトの一覧です。
下記のソフトはインストールしないようにしてください。

参考サイト

Copyright (C) 2013 Chuo University. Center for Information Technology and Computing Services. All Rights Reserved.